TAG

Column “一日にして・・・”

一日にして・・・。 『運動や芸術についての能力』や『学力』が、一夜にして飛躍的に向上するということは、恐らくないだろう。 ある日突然足が速くはならぬし、鍵盤をたたく指は急に滑らかに動き出しはしない。 もちろん勉強だって同じだ。 それは、世の中の殆ど誰もがわかっている。そんなに甘くはないと・・・。 で […]

Column “ロードレース”

ロードレース 高校生の頃、毎年恒例のロードレース大会があった。 男子は全10kmのコースを全生徒で競う。 先輩も後輩も関係ない。 いつも偉そうな先輩たちの鼻をあかすチャンスとばかり、後先考えずに全力で飛び出す。 スタートは完璧だ。……スタートだけは。 だが、案の定体力の限界が訪れる。 そして、惨敗。 […]

Column“くおんたむり~ぷ”

  くぉんたむり~ぷ 何の呪文だ?……と思われたかも知れない。 『くぉんたむり~ぷ』、正確には『quantum leap』と書くらしい。 量子力学の世界で、連続線上ではなく、一気にジャンプするような、飛躍的な成長の瞬間をこう呼ぶそうだ。 大人子供を問わず、その分野も問わず、人の能力はある日 […]

Column “失敗は……恐れましょう!”

失敗を恐れること 『失敗を恐れずに、全力をつくせ。』 子どもの頃よく言われた。学校の先生に。スイミングスクールのコーチに。 …余程手を抜いているように見えたのだろうか。…あるいは、失敗にビクビクおびえるかわいそうな子どもだったのだろうか。長い時を経た今となっては、思い出そうとしてもハッキリしない。 […]

頂(いただき)を目指す…ということ。

どれだけ練習しても…。 私の心のヒーロー、グレッグ・レモン。 元自転車ロードレースの選手だが、ご存知の方はいらっしゃるだろうか。 彼の言葉に次のようなものがある。 『どれだけ練習しても、走るのは楽にならない。』 スキルが向上すれば、楽になる。自転車に限ったことでなく、これが通常だろう。なのに楽になら […]

Column“苦手に挑む”

苦手に挑む 人は、意外と自分のことを知らない。 自分の能力に、己の可能性に気づいていないものだ。 小学5年生のときの担任の言葉を思い出す。 「迷ったときは、必ず自分が苦手な方を選びなさい。」 正直・・・ちょっと嫌いな先生だったけれど、この言葉には今でも少し感謝している。 中学生や高校生でなく、小学生 […]

Column “楽しむために”

楽しむために 高校生の頃、運動部に入っていたのだが、自分も含めて部員のまとまりは無く、いざこざが絶えなかったことを覚えている。 その大半は他愛もない理由だったのだと思うが、今でも一つだけ記憶にあるのが、『楽しむ部活』か『勝つ部活』かという議論だ。 部の方針や練習のメニューなど、事あるごとに対立が生ま […]

Column “ニワトリ”

ニワトリ 安部公房の作品に“ニワトリ”の話があったと記憶している。 嘗てニワトリは自由であったが、自由である一方で食糧の調達や天敵から身を守るため日々苦労が絶えなかった。 そこへ人間があらわれてネコなどから身を守る小屋を建ててあげようと言う。 ニワトリたちには開けることのできない鍵付きの扉がついてい […]