CATEGORY

想い

頂(いただき)を目指す…ということ。

どれだけ練習しても…。 私の心のヒーロー、グレッグ・レモン。 元自転車ロードレースの選手だが、ご存知の方はいらっしゃるだろうか。 彼の言葉に次のようなものがある。 『どれだけ練習しても、走るのは楽にならない。』 スキルが向上すれば、楽になる。自転車に限ったことでなく、これが通常だろう。なのに楽になら […]

Column“苦手に挑む”

苦手に挑む 人は、意外と自分のことを知らない。 自分の能力に、己の可能性に気づいていないものだ。 小学5年生のときの担任の言葉を思い出す。 「迷ったときは、必ず自分が苦手な方を選びなさい。」 正直・・・ちょっと嫌いな先生だったけれど、この言葉には今でも少し感謝している。 中学生や高校生でなく、小学生 […]

Column “楽しむために”

楽しむために 高校生の頃、運動部に入っていたのだが、自分も含めて部員のまとまりは無く、いざこざが絶えなかったことを覚えている。 その大半は他愛もない理由だったのだと思うが、今でも一つだけ記憶にあるのが、『楽しむ部活』か『勝つ部活』かという議論だ。 部の方針や練習のメニューなど、事あるごとに対立が生ま […]

Column “語呂合わせ”

『語呂合わせ』 今日9月2日は、『宝くじの日』であり、『靴の日』であるそうだ。 『く(9)じ(2)』『く(9)つ(2)』の語呂合わせであることは、間違いないだろう。 日本人が語呂合わせを好む民族なのか、それとも全世界的に共通した傾向なのかわからない。 ただ、私自身はこの『語呂合わせ』にちょっとした苦 […]

Column “ニワトリ”

ニワトリ 安部公房の作品に“ニワトリ”の話があったと記憶している。 嘗てニワトリは自由であったが、自由である一方で食糧の調達や天敵から身を守るため日々苦労が絶えなかった。 そこへ人間があらわれてネコなどから身を守る小屋を建ててあげようと言う。 ニワトリたちには開けることのできない鍵付きの扉がついてい […]

Column “プライド”

プライド 人には、プライドがある。 プライドは大切だ。 やはり、誇り高く生きて行きたいものだ。 だが、このプライドが、しばしばチャレンジ精神にブレーキをかける。 チャレンジし、失敗すればプライドは傷つく。 本気で頑張れば頑張るほど、失敗の傷は深い。 ①頑張って成功 ②頑張ったが失敗 ③頑張らない  […]

Column “無知な子供の七夕にまつわる事件”

七夕の記憶。 7月と言えば、『七夕』だ。 この時期になると思い出す“事件”がある。 小学生の頃のこと、学校の先生から『七夕の伝説』について話を聴いた。 織り姫(ベガ)と彦星(アルタイル)は一年に一度出会うことが許されるという。 誰もが知っているこのお話は、見事に無知な少年の心をつかんだ。 と言っても […]

まず、行動すべし。

お箸と胡麻 人は誰しもコンプレックスを抱えている……と思う。 私も数多くの劣等感にまみれて生きているが、その中の一つにお箸がある。この歳になっても上手く扱えない。二本の箸が交差してまるでハサミのような動きになってしまう。家族や気のおけぬ友人の前ならばよいのだが、かしこまった席などでは相当に窮屈だ。 […]