【実験①】5万円は1日でいくらになるか。~働かずに生きていく~

長年お世話になった会社を。

長い間お世話になった会社を、このたび退職することとなった。
何か会社との不和があったというのでなく、唐突でヘンテコなワタシの申し出に、ある程度の理解を示していただいた上での「円満」な退職だと思っている。転職とかでなく、すべての労働を放棄すると言うワタシに、苦笑交じりにだけれど・・・只々感謝だm(__)m

そんなワタシが、こんなにも長きにわたり会社勤めを続けられたのは、やっぱり「この仕事が楽しかった」という以外の理由がちょっと見あたらない。
学習塾で子ども達の成長にほんの少しでも関わることに、(勝手に)明るい未来を感じたり、ワタシたち大人の予想を超えた成長を見せる彼らの姿に、(心の中で)感動したり、勇気づけられたり・・・。
まぁ、つくづくやり甲斐ある仕事だなぁ・・・と。

ところがある時・・・。

そんな、やり甲斐ある仕事以上にワタシの中で魅力的に映ることができてしまった。それはいったい何なのか。

それが、働かずに生きていくこと。

「働かぬために頑張ろう」というある種矛盾した決意。自分でも、なんか変だという自覚はある(>_<)

スキャルピングで。

働かぬとはいっても、自給自足の生活をするわけではないから、やっぱり収入は必要だ。いくつか不労所得を得る方法を考えてはいるけれど、まずはスキャルピングについての実験から始めることにした(スキャルピングの始め方はコチラ)。

ワタシの相棒(↓)

早速だが、記事タイトルの「5万円は1日でいくらに・・・」なったのか。結論から言えば、57,460円になった。

取り引きの詳細は・・・。

取引き通貨 一回の取引き単位
USD/JPY 10 Lot

今回の実験に使った「ヒロセ通商 」の場合だと、米ドル/円のスプレッド(売値と買値の差)は0.2銭。1 Lotは1000通貨単位。USD/JPYの1 Lotあたり必要証拠金が4,500円程度だ。
「5万円の実験」も、この「ドル/円」を10ロットという考えだ。

取引きLot数 取引き回数 売買益
1,120 Lot 112 回 7,460 円

一回の取引きで67円程度の利益が出る計算だ。

この日の取り引きを時間帯ごとにまとめる。

取引き時間帯 取引き回数
8:00~9:00  2回
9:00~10:00  
10:00~11:00  
11:00~12:00  
12:00~13:00  
13:00~14:00  
14:00~15:00 21回
15:00~16:00  2回
16:00~17:00  
17:00~18:00  
18:00~19:00 21回
19:00~20:00 15回
20:00~21:00 19回
21:00~22:00  3回
22:00~23:00  
23:00~24:00  
24:00~25:00 20回
25:00~26:00  9回
26:00~27:00  
27:00~28:00  

この日は・・・。

朝目覚めて、2回だけ取り引き
稼いだのは100円くらい(・・?

ぼーっとテレビを見たりして、お腹が減ってきたからスリランカ料理を食べに外出。

こんな感じのやつを。

帰宅後、1時間ほど取り引きに集中。
それでも21取り引きだから、1,300円ぽっちの稼ぎか(。´・ω・)?

夕食の仕込みを挟んで3時間
さらに夕食後2時間程の取引きをした。

・・・・・。

これって・・・。
どうなのだ?

6時間を費やして、その成果が7,460円
思っていた以上に効率悪いなぁ(>_<)

正直、この一日に関して言えば・・・無駄な時間を過ごしたなぁ・・・と(~_~;)

今後の予定。

6時間7,460円だから、時給換算で1,200円程。

ダメじゃんか!・・・と思われるかもしれないが、バイトと違うのは「時給1,200円」という報酬固定の契約を結んでいるわけではない点だ。

今回は、5万円を原資としたが、これを50万円にすれば時給は12,000円となり、500万の元手なら「時給12万円」だ。まぁ、机上の計算だけれども^_^;

ともかく・・・。

一日6時間も使うのは、ワタシの理想にそぐわないのは明らかだ。

最終的には、一ヶ月に10時間程度の取引きで、120万円・・・と行きたいものだが、取り敢えず時給12,000円の実現は可能なのか?
元手を50万円にすれば、時給12,000円になるのか?

実験の第二段階は、これを確かめよう。

スキャルピングを認めている取引会社は意外に少ないので注意。
【ヒロセ通商】
 1000通貨からできるFX

【JFX株式会社】
 スキャルピング オッケィ



Follow me!