“里山 transit”。

居心地の良い素敵なお店と出会った(*≧∀≦*)

開放的な店内に降り注ぐ自然光。
スタイリッシュで、あたたかいランチタイム。

そんな、オシャレであたたかいお店だ。

抽斗からお箸や小皿が出てきたりして、こんなのも楽しい(^^♪

そして、お店の方が物凄く感じイイ( ´∀` )b

里山 transit(トランジット)。

千葉県佐倉市ユーカリが丘4-1 スカイプラザ・モール2F

TEL:050-3561-2421

今回オーダーしたのは宇和島式鯛めしだ。
宇和島式・・・で伝わるのかしら?
一般的に「鯛めし」と聞いて多くの人がイメージするのは、「焼き鯛の炊き込みご飯」のような気がして、余計な心配をしたりしながら、提供を待つ。

南予の鯛めしは「出汁と卵黄に絡めた鯛をご飯に乗せる」と記憶しているが、ココでは出汁をかけて食べるスタイルらしい。

出汁をかけ、卵黄を崩して・・・鯛と雑穀米をスプーンでパクりと行く。
おっ?・・・意外としっかりした味があるぞ。
鯛に下味を付けてあるのかな?
なかなかイケる( ≧∀≦)ノ

ランチのメニューは「期間限定モノ」と「レギュラーモノ」があって、この「鯛めし」は、期間限定のメニューで提供されていた。
きっと月替わりなのかな?
次回は細打ちのうどんを使った「つけ麺」なんかも出したいと考えているそうだ(それもまた楽しみ)。

実は今回は2回目の訪問で、前回はレギュラーメニューの味噌ダレ餃子の定食をいただいたが、これもまた美味しかった(●^o^●)

ちなみにコレ(↓)は妻注文の唐揚げ。

どちらもしっかりした味付けで、お昼には“ごはん”がすすみ、夜ならきっと“酒”が旨いことだろう。
上質な・・・というのとは違うけれど、この価格で・・・という観点で言えば、気軽に美味しい飯が食える(一杯やれる)佳店だ(≧◇≦)

前回伺った時は、お昼時真っ只中で、結構広いお店がほぼ満席だった。
比較的新しいお店だし・・・これは、かなり待つゾ・・・と覚悟したのだが、意外にも料理の提供はとてもスムーズだった。

オペレーションや、接客レベルの高さも好印象の「ごはん処」だ。
ユーカリが丘には、しばしば立ち寄るし、これからも利用するだろう。

【仕事についてちょっと考えさせられた】
とっても感じのイイ男性がいて、物凄くお若く見えたのだけれど、見ていると、どうやら店長とかオーナーとか、そういう感じの偉い(?)人みたいだ。
ああ、こういう人が腕を振るうと、こういう環境が生まれるのだなぁ、と素直に感心した。

素敵なお店作りの“魔法”でもあるのかしら?

Follow me!