東京散歩(^_^)v“麻布十番・六本木”

カカオ・・・?@六本木ヒルズ。

ワタシの理解が到底およばぬ場所、六本木ヒルズ。

コレ(↑)は・・・カカオ?
あの「蜘蛛」のようなオブジェも勿論ワタシに理解はできないし、どうにもゾワゾワッという恐ろしさみたいなものを感じるばかりだが、そんな「ワタシ的には謎めいたモノ」がそこら中に散りばめられている。

何となく、洒落た感じもするのだけれど、近頃は正直・・・カッコいいのかどうかも、ちょっと・・・疑問だ(・・?
なんだか気になって、惹かれる部分もあるのだけれど。

キッカケは麻布十番ランチ

数か月ぶりの「」。
ちょっとワタシには縁のない、ココ麻布十番に以前訪れたのは、とあるグルメ口コミサイトのイベントだ。(記事はコチラ

・・・で、少し時のあいた今。

今回、中華ランチのおいしそうなお店が気になって。
やっぱり、動機は・・・みたいだ!(^^)!

中華料理 「Shi-Fan」

十番(シーファン)という名の中国料理店。

フカヒレに惹かれて、ランチを予約した。

今日はあいにくの雨だ。
麻布十番駅至近の立地は、とてもありがたい(≧◇≦)

店内はこんな(↓)感じ。

少しケバい気もするけれど、ディナーだったらもっと雰囲気が出そうだ。
デートなんかに打ってつけの中国料理店だろう。

ランチタイムには、1000円程度のお得なランチセットが充実していて、見る限り、お昼休みにそういうランチセットを食べに来ている人が多いのかな?
店の設え何かからすれば、この価格設定はとっても良心的だろう。

一方、ワタシは休日の“のんびりランチ”
フカヒレ姿煮を含むコースを堪能だ(≧◇≦)


(詳しいレポートはコチラ

ワタシには、正直「フカヒレ」の味が謎だ(>_<)
旨いフカヒレスープとは、則ちスープ自体が美味しいのだという気がする。そこに、フカヒレの良し悪しは、あんまり・・・(・・?

もっと正直に告白するなら、フカヒレにどのような味があるのか・・・それがワタシには解らない。

でも・・・そう言うことでなく、フカヒレの「姿煮」にテンションは上がる(#^^#)

それで、イイのだろう。

「浪花家総本店」のたいやき

麻布十番といえば、浪花家総本店の「たいやき」だ。
それくらい有名だと・・・妻から聞いた。
あの「およげ!たいやきくん♪」のモデルだとも。

先の中華ランチですでに満腹なのだけれど、困ったことにそのごく近くに「たいやきくん」の子孫がいる!
行かねばなるまい<`ヘ´>

事前の調べでは、行列必至の人気店で、並ばずに購入することはまずできないとのことだったが、この日の「雨」が良かった(?)のかもしれない。
タイミングよく先客はいなかった。
初めて訪れるお店だというのもあって、システムがよくわからないのと、お店のスタッフの説明が下手なのと相まって(詳しいレポートはコチラ)、少しバタついたけれど、満腹ながらも、歴史ある「たいやきくん」は美味しかった。

一丁焼きだからなのか、代々店に伝わる焼きの技術なのか・・・歌に「少し焦げあるたいやきさ♪」とあるように、焦げの香りとほんのり苦みとが、慣れると中々病みつきになりそうだ。

お店の能書きを見ると、あんこは豆に拘ったりせず・・・というか、灰汁の出る安い小豆の方が、むしろ良い・・・と。

へぇ~。そういうものなのかねぇ?・・・と、店を後にした。

雨の六本木ヒルズへ。

六本木ヒルズへ向かう。
あいにくの雨で、ちょっと躊躇したけれど、せっかくだから・・・と。

それ程の距離はないのだけれど、この日は、結構雨も・・・風も強くって・・・。
着いた頃には、靴の中はびちょびちょ(T_T)/~~~


あっ!ケンゾーエステートだ!・・・とか、田舎者らしく色々と気にはなるのだけれど、足はびしょびしょで、傘も持っているものだから、ちょっと立ち寄るのが億劫になってしまう。

ワタシにとって、かなり複雑な「施設の全体像」も掴めぬまま、ほろ苦い六本木ヒルズ・・・となってしまった(>_<)
天気の良い日に、また出直そうっと(^o^)丿

「Hudson Market Bakers」

NYチーズケーキを食べて帰ろう。
今日も都会疲れしてしまった。

麻布十番駅近くのお店で。

NYチーズケーキ・・・名前は聞いたことがあるけれど、ただそれだけのワタシ。

だから、客観的な評価はできないのだけれど、とってもなめらかなのが印象的な、おいしいチーズケーキだった(≧◇≦)
(詳しいレポートはコチラ

今日も頑張って冒険・・・したぞヽ(^。^)ノ

日を改めて、また今度「六本木ヒルズ冒険」だ!

サイトマップ

Follow me!