“Cafe ロビンソン”のかき氷。

ワタシが小さな頃とは全くの別物となっている昨今のかき氷事情
魅力的な夏の風物であることに今も昔も変わりはないけれど・・・。
今となっては、何とも奥が深い。
時として、高級感すらある「氷」。

とある猛暑日。

暑さにヤラレタのか、食欲はなく、仕事の休憩時間に食事ではなく、涼しく「」を喰らおう・・・と訪れた。

Cafe ロビンソン

千葉県八街市山田台225

TEL:043-308-3193

少し寂しい所にある「氷屋さん」だ。

何かの口コミで、艶やかな光沢を放つかき氷の写真を見て、ちょっと気になっていた。

ぽってりとしたエスプーマタイプのかき氷には、そもそも憧れがあった。
方々で結構いろいろとかき氷を喰らってはいるが・・・そして、中にはエスプーマタイプのメニューを扱うお店もあったが、何というか、巡り合わせなのだろう。

やっと、その時が来たか(≧◇≦)

カフェ ロビンソン・・・と、カフェと冠してはいるが、メニューは「かき氷」一本みたいだ。

初めにも書いたが、この場所で・・・大丈夫なのか?
と、心配になるような立地な割りに、店は繁盛の様子だ。

車で乗り付けてみると、入口に「CLOSE」の札が(>_<)
だが、めげずに電話をしてみる。
で、何とか・・・(;^_^A

頂いたのは「ピスタチオミルク」

「中が空洞になってるので、上からイってください」

言われるままに、スプーンを入れると、なるほど・・・。

この空洞システム(?)・・・食べやすいな!(^^)!

さあ、実食!

うむ。かき氷は・・・美味い!

イメージ通りの、ぽってりとコクのあるエスプーマ。
砕いたピスタチオの香ばしさもある。
削った氷の肌理には、多少改善の余地を感じたが、これは好みの問題かもしれないし、エスプーマ仕立てだと、いわゆるサラサラの自家製シロップなんかと比べて、氷のくちどけはそこまで重要でもないかな?・・・とも思った。

さらに、中から現れる「ブルーベリー」。
なんだか嬉しい(≧◇≦)

底には、多分自家製のミルク。
自家製のミルクは、だいたいどこのお店でも「さらさら」タイプだが、コレばかりはドロリと濃厚なヤツを愛するワタクシ。
でもまぁ・・・コレばかりは・・・諦めよう。

実にレベルの高い「氷」だった

そそられるメニューもまだまだある。
落花生のエスプーマ、ラムレーズン、甘酒ミルク・・・。

帰りがけに聞くと、氷一本で通年営業しているという。
こういう心意気・・・嫌いじゃない!

これから、まさに「かき氷」シーズンだ。
しばらくの間は、相当な混雑が続くのだろう。

冬を待って、通うことにしようか。

Follow me!