“CITTA’ ALTA(チッタアルタ)”

CATEGORY
勝手におすすめ食堂←トップへはコチラから。

前の記事“焼鳥 おみ乃”

楽しいイタリアンディナー(^^♪

(勝手におすすめ食堂/東京都文京区)

【CITTA’ALTA(チッタアルタ)】
ジャンル:
TEL:050-5263-4991
東京都文京区小石川3-1-24 K-wing 1F

ディナーを楽しみたい(^^♪


予約の上で訪問した「チッタアルタ」。
食事を“楽しめる”お店・・・だと思う。

テーブルのセッティングは、こんな感じ(↓)。

フォークのこういうセットは・・・初めてだなあ(^_^)

料理は、おまかせのコース一本と潔い。
今回のコース(↓)

ドリンクは「5グラスのペアリング」でお願いした。

スタートはやっぱり「スプマンテ」。

(トレッビアーノ スプマンテ)

妻はノンアルコールの4ペアリングでお願いしたが、これも面白い!

1.ハイビスカス&レモングラス&生姜
2.ハーブとエルダーフラワーのコーディアル
3.ポルチーニ茸のコンソメ
4.アローディアとベリ―

▨トリュフポップコーン -196℃

液体窒素を利用した料理かしら?
口に含むと、窒素が気化するときの膨張感(?)も面白く、何よりトリュフがよりよく香るのは・・・不思議だ(。´・ω・)?

▨端午の節句

黒ニンニクのペーストを使った兜の折り紙。
これ自体は特別美味しいわけでもないけれど、演出的には面白い。
下にあるマッシュポテトは美味(^_^)

▨貝殻 セビーチェ

砂糖細工の貝殻を砕いて、一緒にいただく料理。

野菜やレモンジュースで煮た蛤も美味しい。
セビーチェ・・・マリネ的なモノかな?

2杯目。アルゼンチンの白ワイン。

(クマ オーガニック)

▨イカ墨のカプチーノ

紋甲イカ墨煮の上に、マッシュポテトのエスプーマ。

混ぜて・・・パクリと。
ウマ(*´▽`*)

かわいいパンには、店名の焼き印が。

▨緑豆のフラン 桜海老のフリット乗せ

かわいいお鍋の蓋を取ると・・・。

この画像だと見えないけれど、下にあるクリーミーなグリーンピースのフランと、フリットの香ばしさがよく合っていて、実に・・・うまい(≧◇≦)

3杯目。ポルトガルの白ワイン。

(アデガ デ ペゴエス)

▨筍掘り

筍を持ち上げると・・・。

中には、煮た筍とフォアグラのテリーヌ。
お皿のスパイスミックスと一緒に。

▨蛍烏賊の瞬間スモーク

桜チップでのスモークは目の前で(≧◇≦)
時間を見計らって・・・。

底にあるカポナータのジュレと合わせて頂く。

この辺りの演出も・・・やっぱり楽しいなぁ。

4杯目。フランスの白ワイン。レイトハーベスト。

(エニグマ)

▨アスパラ 浅利 4㎜×1000㎜

チューブのジュレを絞り出して・・・。

アスパラの下には、蕗の薹を使った浅蜊のスープ。

フォカッチャ。

▨鰹のプッタネスカ

自家製のリングイネはオカヒジキと併せられていて、鰹のタタキ・ブラックオリーブ・ケッパーそしてたっぷりと振りかけたボッタルガでいただく。

5杯目。ブルガリアの赤ワイン。

(プチ エニラ)

▨鴨 3時間オーブンで焼いた玉葱

鴨胸肉は低温調理の上、焼き目を付けている。

▨アードベックの大理石

アードベックの香りを付けた大理石に乗っているのは、ブリチーズ。これをアイラウィスキーの香りと共にいただく。

ワタシには、まだ・・・アイラウィスキーの良さは解らないけれど(。´・ω・)?
やっぱり、相当個性的だ!

▨[ドルチェ] 蝶々

爽やかなマンゴーソルベの下にはパイナップルのコンポート。

エスプレッソをお願いして・・・。

▨[ピッコラ パスティチェリア]
・酒粕のメレンゲ
・チョコバナナカレー
・ナッツのチュイル
・ローズマリーのガナッシュ
・カールスモーキークッキー
・メントールとピンクペッパーのキャンディ

楽しいディナー・・・伝わりますかね?

とにかく・・・楽しいお店だ(*ゝω・*)

・・・・・。

創意工夫の演出を施された料理が、これだけの数提供されるのだが、驚きなのはドリンクも含め、すべてオーナーシェフのワンオペで提供される。

人手の確保儘ならぬという風でもなさそうだ。
こだわりなのだろう。

確かに、料理の説明なんかはシェフ自らというのがベストな気もするし、そうしている店も多いが、それでもドリンクの提供には、大概人を使ってるぞ。

ペアリングでワインを提供するからかしら?
ワタシはワインに詳しくはないけれど、ワインの説明も丁寧だったなぁ( ´∀` )b

この皿数とペアリングのドリンクを、一人で提供するのだから、やはり時間はかかる。
19時の一斉スタートで、およそ3時間くらいだったろうか?

ただそれは“どうしても時間がかかってしまう”というのでもなく、ゆったりと・・・味わい・・・楽しむ豊かな時間を提供したいと、そういうことなのかもしれない(*≧∀≦*)

前の記事“焼鳥 おみ乃”
サイトマップ

CATEGORY
勝手におすすめ食堂←トップへはコチラから。

Follow me!