“オステリア レ・テッレ”。

CATEGORY
勝手におすすめ食堂←トップへはコチラから。

「大地を食す」柏の自然派イタリアン(≧◇≦)

(勝手におすすめ食堂/千葉県柏市)

オステリア レ・テッレ ジャンル:
TEL: 04-7157-0703
千葉県柏市旭町2-5-6 G-クレスト 1F

休日に、“楽しい”食事をしたいと思い立ち、いろいろと探した。

あれこれと考えて、調べて・・・妻が見つけた!

柏にあるイタリアンレストランだ。

「大地を食す」
を掲げるこのお店は、生産者にもこだわる。

単に旨いかどうか?・・・というだけでなく「志」を感じるそのスタンスに共感を覚える。

生産者の顔が見える料理達は、その調理の発想やビジュアルでも、楽しませてくれる( ≧∀≦)

メニューは、コースのみ・・・なのかな?
・パスタのコース
・メインのコース
・おまかせ的なコース(要予約)などあるようだ。

パスタとメインは「本日のお料理」からチョイス。

今回お願いしたのは・・・。

スペシャルランチコース(¥3600-)

パスタもメインも両方いただけるコースだ。
パスタもメインもどちらも魅力的に見えたから・・・f(^-^;

スペシャルランチコース
◻️アミューズ
◻️前菜①  
◻️サラダ  
◻️前菜②
◻️パン  
◻️本日のパスタ  
◻️本日のメイン  
◻️ドルチェ&コーヒー

いろいろと楽しめる充実のコースだ!

今回の料理をご紹介(↓)。
今日は車で来てるから、ノンアルビールで。

◻️アミューズ

グリッシーニと一緒にいただくのは、パルマ産の生ハム。職人の手作業で作られるというこの生ハムは、意外に塩味は控えめで、グリッシーニ程度で丁度良い塩梅だ。
柏の農家で収穫されたシルキースイート(さつま芋)は、シンプルにチップスで。

◻️前菜①

「味噌ピー」インスパイア系のアマレッティ 。
軽いメレンゲの口当たりと、味噌ピーの甘しょっぱい感じがなかなかだ。

◻️サラダ

ビーツの色が鮮やかなサラダ。
奥の同じ色の野菜は紫人参。
春菊のスプラウトやアイスプラント・・・などなど。
沢山の野菜と、ドレッシングの酸味、そしてクッキーを砕いたような甘い生地が作り出す複雑な味わい。

面白い(≧◇≦)

◻️前菜②

ワカサギとアスパラをいただくソースは、ライムの風味が爽やかだ。

◻️パン

パンは全粒粉と、黒い方は竹炭を使っているらしい。 

◻️本日のパスタ

岩手短角牛のラグーソースと蚕豆。
自家製手打ちパスタの食感も面白いし、スライスしたパルミジャーノ系のチーズ(パルミジャーノじゃないんです。丁寧に説明していただいたのだけれど、忘れてしまった)もよく香る。
いやぁ・・・満足(≧◇≦)


白身魚と菜の花(妻) 。
コチラも妻のヘルプで・・・ムフフ(#^^#)
白身魚のパスタ・・・あまり食べた記憶がないけれど、さっぱり美味しかった。白身魚と菜の花・・・素晴らしいな(*´ω`)

◻️本日のメイン

イサキをセリのソースで。
大人の料理ですなぁ・・・素敵です。
山菜も美味しくて、最初「タラの芽」かと思ったけれど・・・ちょっと違うね。
コシノアブラ・・・か?
知識だけで、食べたことないから・・・わからない(>_<)
希少価値と言ってたし・・・。
そう。きちんと説明してくださるのだけれど、初めての食材が結構多くて、覚えきれない(>_<)
この歳になって、知らないことがいっぱい・・・って、楽しい(^o^)丿


こちらは、妻が選んだ「鹿肉」。
旬の野菜たちも色々盛り合されて、見た目も素敵だ。
最早、頼まれてもいないのに、勝手に妻をヘルプだ( ̄▽ ̄)

鹿肉とはこれほど柔らかく、旨いのかと感動!
赤ワインソースと、添えられた「トレビスのジャム」の甘みがよく合う。

◻️ドルチェ&コーヒー(紅茶)

クラッシュしたクッキー地。
2種のソースは、アングレーズと何かの(?)ベリー。
ホワイトチョコのような風味のムース(アイスクリームではなく)と、メレンゲの焼菓子かしら?
食後の、甘~く幸せな気持ちに(*´ω`)

素材や生産者へのこだわり、皿や盛りつけへの気配り・・・豊かな時間を過ごせる佳店だ(*≧∀≦*)

あらためて・・・思う。
食事とは、ただ空腹を満たせば・・・そういうものではあるまい!

食事を通して”豊かなひととき”を過ごしたい。
そんなときに、おススメだ(^_^)b

CATEGORY
勝手におすすめ食堂←トップへはコチラから。

サイトマップ

Follow me!