東京ディズニーリゾート。バケパで満喫の2日間(^_-)-☆1日目。

前の記事 “博多,門司,下関。関門海峡を越えて!”

にっぽんを巡る@ディズニーリゾート

年に一度のお楽しみ・・・的な位置付けになっている東京ディズニーリゾート。
“われらが千葉”を出ない、規模としては“小さな旅”なのだけれど、やっぱりココは凄い!

年に一度だけだから、そこはちょっと奮発して泊りがけでガッツリ遊ぶ・・・と、腹を括っている。

わが家から、車で1時間程度のディズニーリゾートに宿泊・・・という違和感も初めはあったが、いや・・・ココにはそうする価値がある<`ヘ´>キッパリ

昨年は、ちょっとのんびり構えていて、ミラコスタの予約が取れないという失態を演じてしまったから、今年は随分前から「」の予約をしていた。
ディズニーを押さえられず、昨年遊びに行った「USJ」も結果的にはとても楽しかったが(≧◇≦)

「バケパ」パッケージキット到着!

バケーションパッケージのキットが届くのは、ちょうど1週間前。

いろんな引換券や「時間指定なしのファストパス」、ガイドブックとか・・・ワタシ達はその楽しさを体験済みなもんだから、なおさらワクワクできる(≧◇≦)

ディズニーリゾートラインのフリー切符(↓)

時間指定なしのFPとか両パークを行き来できるパスポート、各種引換券などなどは、こんな感じで届きます(↓)。

ガイドブック。

チケット類は、切り離してこんな状態(↓)にするのがワタシ達流(≧◇≦)

こんな”作業”にすらワクワクするのだから、さすがは夢の国だ。

バケパで、ディズニー満喫!・・・1日目。

当日は朝5時半頃に自宅を出発・・・。
月曜日だから、出勤系のラッシュ渋滞を恐れての行動だ!

6時半頃。予定通りのリゾート到着。
パークの駐車場を通り過ぎ、一番奥のミラコスタまで突き進む。
そこは、もう慣れたものだから( ̄▽ ̄)

プリチェックインは「朝7時から」だから、車でちょっと待とうか?・・・とも一瞬考えたが、記憶を辿ると・・・前に来た時も早く着いて・・・そのままプリチェックインできたような(。´・ω・)?

行ってみるか!

パーキングからフロント階へは、エレベーター(↑)で上がりたい。正直、このパーキングのエレベーター・・・動作がむちゃくちゃ遅いのだけど、でもやっぱり、ミッキーの声に気持ちが昂る( ≧∀≦)ノ


この画像では、敢えてアングルから外しているけど、いつも通りに、結構たくさんの人が・・・いる・・・。
この人たち・・・何なのだろう?
敢えて調べはしないけれど、プリチェックイン待ちでないことは知っている。

制服をビシッとキメたスタッフに問う。
「プリチェックインは、7時からですか?」
もう大丈夫ですよね?的なニュアンスを含ませて・・・(*^^*)

で・・・やっぱり既に受け付けてもらえるようだ(≧◇≦)

特に行列することもなく、快適なチェックインだ(*^^*)
一部に「大行列」・・・みたいなブログ記事も見るけれど、ワタシ達は並んだこと・・・ないなぁ?いつもは12月で、今回なんて超混雑期の3月だけれど・・・どういうことかしら(。´・ω・)?

今回のちょっと印象的な出来事。

部屋のカードキー。
これは、かわいいディズニーデザインで、旅の思い出に持って帰れる「うれしいヤツ」だ。
なんと、コレが廃止になったらしい(T_T)
ルームキーは、チェックアウト時に返却する「味気ないヤツ」に変わってしまっていた。

ショック!
・・・・・。

でも、大丈夫!
旅の思い出用に、キーの機能はないけれど・・・。

見た目はこれまでと同様の「カードキー」が用意されていました(*^^)v
カギの機能はないから、カードキーではないけれど(・・;)

チェックイン日からハッピー15エントリー。

プリチェックイン後、荷物の運び込みもお願いして・・・。

いざ、パークへ!

ミラコスタ宿泊者は、チェックイン初日から「ハッピー15エントリー」で「ディズニーシー」へアーリーパークインできる。
これを利用しない手はないだろう(詳しくはコチラの記事で)。

このアーリーパークイン用ゲートは、ミラコスタとシーをつなぐ直通ゲートではないから注意が必要だ。
一旦エントランスを出て右手(リゾートラインの方向)へ進み、階段を降りる。

じゃ~んッ!

さすがに、ココが行列しないことはないようだ。
しかも、この日は“雨”ですわ(T_T)/~~~

一瞬、この行列に気が遠くなるけれど、15分前のゲートが開くと、それほど時間はかからないから、折角のディズニーリゾート・・・おおらかな心持ちで、ゆったり構えて待ちましょ(*^^)v

やっぱり皆・・・トイストーリーマニアか?!

このハッピー15エントリーを活用して、いかに効率よくアトラクションを制覇していくか?・・・この点はコチラの記事を参照していただくとして。

やっぱり、最初に向かうのは・・・。


なんか・・・夜の画像しか撮ってなくて、なんだけれど(>_<)

一足早くパークインした人の多くが向かうのは・・・ココ!
(スタンバイorファストパスとかその辺の作戦はコチラの記事を。)

ワタシ達は、スタンバイ(と言っても待ち時間0分)で1回楽しんで・・・という作戦に!

・・・・・。

やっぱり「トイストーリーマニア」は、楽しいなあ
こんなに平和でかわいいシューティング・・・他にはちょっと思いつかない(≧◇≦)

1ライド終えて、出てきたときには既にFPもスタンバイもそこそこの行列になっていたから(まぁ予想通りですワ)、タワーオブテラーのFPをゲットしに!
バケパのFPもあるんですけどね。それは2日目に・・・という作戦。

ワタシ達、コレ・・・大好きなのだ(≧◇≦)
聞けば今回はアンリミテッド」だという・・・楽しさ倍増だ!

FPをとった後、スタンバイが20分待ちとのことなので、「取り敢えず1回落ちとこうか」ということで、妻・・・軽く・・・絶叫!

絶叫しつつも・・・喜んでる\(◎o◎)/!

また、少ししたら、今度はFPで・・・むふふ(=`ェ´=)

チケットホルダー引換券。

さぁ、奥地に向かいつつ、「チケットホルダー」をゲットしよう。

この(↑)上の2段。
チケットホルダーをゲットして、それに「フリードリンク券」を。

今回は、ケープコッドクックオフで、チケットホルダー引換券を。
スグにかわいいチケットホルダーがもらえます(≧◇≦)

包装を解いて。

ワタシのようなオッサンが言うのもなんだけれど・・・かわいいでしょ?旅行カバン。

ドリンク券をセット!

お店で見せれば・・・。
ココ(↓)は、チケットホルダーを貰ったお店のすぐ隣(*^^)b

ココでは、キャラメルミルクティーがもらえます。

フリードリンクと言っても、そんなにガブガブ飲まないけれど、こういう(↑)オリジナルドリンクを提供してくれるお店は、しっかりリサーチしておくとイイ(^_^)v

ホッと一息で・・・奥地も激混みに(>_<)

例年、12月にバケーションパッケージを利用しているワタシ達。
3月の混雑具合を・・・ちょっと・・・甘く・・・(・・;)

キャラメルミルクティーで一息ついている間に、ワタシが勝手に“奥地”と呼んでいる「レイジングスピリッツ」とかの辺りまで激混みだ。

スタンバイで・・・と考えていたけれど、それは・・・断念!

センターオブジアース」のFP獲得に、作戦変更だ。

3月のディズニー・・・・・ヤバい。
ヤバいなりに、FP(↓)とりつつ楽しめた気がする(*^^)v

今回のバケパ・・・アトラクションだけじゃなく、鑑賞券も絡めてるのがこれまでとちょっと違ったところ。
さらには、ランチにキャラクターダイニングを予約(Priority seating)している。

これも結構楽しみなのよね(≧◇≦)

ホライズンベイレストラン。キャラクターダイニング(*’▽’)

さぁ・・・ちょっと楽しみな「ランチ」の時間だ。

ホライズンベイレストラン(キャラクターダイニング)

言わずと知れた、東京ディズニーシー内の「ポートディスカバリー」にある洋食レストランだ。

店内は通常の食事スペースと、ディズニーの仲間たちがあいさつに訪れてくれる“ディズニーキャラクターダイニング”に分かれている。

キャラクターダイニングは、やっぱりかなりの人気で、早い時刻から大行列(>_<)
こんな感じ(↓)の行列が店の前からずっと伸びている。

100名は下らないであろうこの行列に、レストランスタッフがアナウンスする。
「只今、残席数が5卓となっております。ご了承ください。」

事前に予約(Priority seating)もできるのだけれど、その予約もまたとてつもなく高い倍率で、ワタシなんかにはとても手に負えない。
(そのあたりの状況はコチラの記事をご覧ください)

そんなワタシたちが、このキャラクターダイニングで食事できるのは、ディズニーホテルの宿泊者特典のおかげだ。
やっぱりディズニーホテルに宿泊するなら、このホライズンベイとかシェフミッキーとか、予約するのをおススメする。せっかくだし・・・。

さて、このお店。
メニュー選択の余地は・・・ほぼない(。´・ω・)?

▨メインを2種類のどちらか選ぶ
 この時は「サーモン&チキン」か「ビーフシチュー&チキン」だった。
▨パンorライス
▨スープ・サラダ・デザートの中から2品選ぶ
▨ソフトドリンク
この(↑)セットのみだ。

価格はテーマパーク価格というのだろうか。
まぁ、そこそこ値は張る。
通常の飲食店であれば、到底許されないが、ココでは問題とならない。
そもそも皆、食事が第一の目的ではないから。
なんだか少しおかしな話だけれど。

ホライズンベイのキャラクターダイニング。
重要なのは、この”キャラクター”の部分だ。
そう思えば、いろいろと可愛らしくて、ディズニーを満喫できる。

ワタシは、特別“ディズニー好き”という訳でもないのだけれど、それでもミッキーたちがテーブルに来てくれると、テンションが上がる(*≧∀≦*)

正直・・・料理は、遊園地クオリティだ。別に美味しくはない。
そもそも期待していないけれど、それでも『もうちょっと何とか・・・』という気分になるレベルだ(^-^;

が、キャラクターたちが姿を見せると、そんな思いは吹き飛んでしまう( ≧∀≦)ノ
もはや、味など・・・(いや、失礼m(_ _)m)。

味より、そこら中に散りばめられている“ミッキー”に心踊る(^3^)/

パンに。

ムースに。

スープの中のパスタに。

ゼリーのトッピングも。

明らかに・・・反則だ(*≧∀≦*)

プルート・・・かわいすぎるぜ(*´▽`*)

ミニーちゃんも。

その後、「ビッグバンドビート」の鑑賞もしたりして・・・。

ディナーの前に。いろいろと・・・引換券(#^^#)

初日から、全力で楽しんでいるディズニーリゾート。

夕食の前に、バケパの“引換券”を交換しよう。

まず、「ポップコーンバケツ」の引換券だ。

これは、ポップコーンを販売するワゴンで提示する。
35周年デザインのバケツと、初回のポップコーンを貰える。
これは、初回だけ。ドリンクみたいにフリーだったらよかったのに(T_T)・・・まぁ、仕方なし。

いろんなフレーバーがあり過ぎて迷ってしまうけれど・・・。
さて、ワタシ達はいろいろと相談の結果。
ガーリックシュリンプ味に決定した。

近くの売店で、フリーのドリンクもゲットし、ベンチで少し休憩(*´ω`)

↑旅に出るカバン。・・・かわいいでしょ。

35周年デザインで、よく登場するこのカバンだけれど、これを持って歩くのは、ちょっと邪魔だ!
4時30分を回ったし、一旦部屋にバケツを置きに行こう!
ミラコスタのチェックインは3時なのだけど、プリチェックインしたときは、4時30分にならないと部屋に入れません。注意!

ガーリックシュリンプをたいらげたバケツには、夜のおやつ用に「カレーポップコーン」をちゃんと補充(¥500-)して・・・と。

これも、堪らなくイイ匂いだね(*≧∀≦*)

いざ、ミラコスタへ!

専用ゲートから、ちゃんと手の甲にスタンプやってもらって(`・∀・)b
ちょっと休憩したら、すぐ再入園しますから<(`^´)>

あっ!

部屋へ行く前に、2階の売店で、オリジナルグッズの引き換えをしよう。

妻が選んだ一つ目。
コレ(↓)はなんだ?
これは携帯用のクッション。
開くと簡易クッションが2人分出来上がる。

これが、2日目のファンタズミック鑑賞に、大いに役に立った。
なんて素敵なタイミングだろう。

そして、2つ目。オリジナルトートバッグ。
これも、売店なんかで売っていないのが、特別感あっていいなぁ。

今日を振り返る(*^^*ゞ

▨ハッピー15エントリー

▨トイストーリーマニア

▨タワーオブテラー

▨アクアトピア

▨タワーオブテラー(再び)

▨ホライズンベイ

▨センターオブジアース

▨ニモ&フレンズ シ―ライダー

▨レイジングスピリッツ

結構・・・楽しんだゾ!

あっ・・・。

ミッキーの泡石鹸とか・・・。

満喫・・・満喫・・・(≧◇≦)

ディナー。シルクロードガーデン(*’▽’)

初日の夕食は、ミラコスタの中国料理店「シルクロードガーデン」を予約した。
キャラクターダイニングではなく、ここは旨いものを喰らいたい!・・・と思って。

予約の時刻になり・・・。
2Fって、オチェーアノしかないよなぁ?

・・・。
と思いつつよく見ると、入口が一緒になってるのね。

今日はそのまま宿泊だから、美味しいコース料理で、一杯やりたい( ≧∀≦)ノ

定番のディナーコースをスパークリングワインで始めることにした。

◻️季節の前菜盛合せ
 ・牛タンと小松菜
 ・海老
 ・馬鈴薯の?
 ・イクラとくらげ
 ・自家製チャーシュー
 ・ホタルイカ

唸るような何かがあるわけではないけれど、不満はない。
アルコールがススんでしまう。

◻️蟹肉と水餃子入りアオサのスープ

◻️白身魚の葱生姜蒸し

魚は“鯛”だったかな?
やっぱり蒸し魚は・・・食べておきたい。

ここらでハイボールに切り替えて。

この演出(↑)は、面白いと思った。
面白いのだが、ワタシは普段自分でハイボールを作ったりしない。
自分好みの濃さと言われたって・・・、正直わからんから(>_<)
ワタシはハイボールを作る人じゃなくて、飲む人なんで( ̄ー ̄)

◻️牛フィレ肉と旬野菜のガーリックソース炒め

美味しいけれど・・・この辺りで、もうお腹いっぱいだ( ̄▽ ̄)
次の「焼きそば」は、もう残そう・・・と思っていた。

◻️豚細切りと野菜の餡掛け焼そば

残そうと思っていたんだけれどねぇ・・・。
この焼きそばが、ワタシの予想を超えて旨かった。
ワタシ・・・美味しいものはたくさん食べられる体質。

◻️フレッシュフルーツ入り杏仁豆腐とミルフィーユ風の何か?

いやぁ、結構満足の夕食だった。

このコースについて。
前菜盛合せの後の3品は、自分達の好みでチョイスできる。
選択肢は結構豊富だ。
蟹肉と水餃子入りアオサのスープ
・点心三種
・帆立貝とイカの湯引き昆布風味
牛フィレ肉と季節の野菜のガーリックソース炒め
白身魚の葱生姜蒸し
・鶏肉の唐揚げ アロマティックソース添え
・豚肉とキャベツの甘辛味噌炒め 花巻添え
・海老入りオムレツの甘酢ソース
※メニューは変わるのだろうけど、あくまでこの時は。

料理のレベルは、中々のモノだ。
感動・・・とまではいかないけれど、不満はまったく感じない。

敢えて言うなら、盛りつけなんかのビジュアル的に・・・地味だね(^-^;

前にも書いたが、焼そばなんて、絶望的に華がないのだが、これでいて・・・味はイイ(*≧∀≦*)
損してるなぁ・・・と。

もう一つ。
面白いと感じたのが“接客”だ。
なんというか・・・ホテルマンぽくない。
バイトというと、悪い言い方に聞こえるかもしれないが、そうではない。
プロっぽくないけれど、気持ちのイイ対応だ。

スパークリングワインとハイボール。
たった2杯だけれど、すでにイイ心地だ。
部屋に戻って、ベッドに飛び込みたい(。-ω

ミラコスタ。カピターノ・ミッキー(*^^)

ホテル内も「ディズニー」が溢れていて、滞在中は一瞬の切れ目もなくディズニーの世界に浸り続けることが出来る。
ミラコスタの「シックなディズニー」感・・・いいよなぁ(≧◇≦)

エレベーターホールの「ポプリ」が・・・。

ミッキー型に整えられてたり・・・(*’▽’)

このシックな廊下にも・・・。

ディズニーが溢れている。

部屋は「カピターノミッキー」。

ハーバーに面していないこちらのお部屋。
かつては、パーク側でないかわりに、宿泊料はお安い・・・というメリットがあったが。

今は、よりディズニーを感じられる部屋へと進化し、その分、最安値の部屋は「カピターノミッキー」ではない様子。

浴室への扉もミッキー。

既にわが家にあふれている「ミラコスタアメニティー」だが・・・。

35周年用に、ちょっとデザインが変わっているようだ。
手前のかわいい袋の中は、お持ち帰り用のアメニティー。
プリチェックインの時にお願いしておいたヤツだ。
お願いすると、快く用意してくれます(*´ω`)

運び込んでもらった荷物(↓)。

明日の冒険に備えて・・・休もう(-_-)zzz

【ディズニーリゾートの記事】
 TDR。バケパで満喫1日目。
 TDR。バケパで満喫2日目。
 【活用術①】キャラクターダイニング予約
 【活用術②】ミラコスタをオススメするわけ
 【活用術③】ハッピー15の活かし方

前の記事 “博多,門司,下関。関門海峡を越えて!”

次の記事 “ディズニーリゾート2日目”

サイトマップ

Follow me!