“貝渕卓也”という名の日本料理店。

CATEGORY
勝手におすすめ食堂←トップへはコチラから。

スタイリッシュな空間で、日本料理を(≧◇≦)

(勝手におすすめ食堂/千葉県千葉市)

貝渕卓也 ジャンル:
TEL: 043-445-8886
TEL:080-3084-9290(予約専用)
千葉県千葉市中央区登戸1-6-14

 

『貝渕卓也』という名の日本料理店。
カウンター10席のみのお店だ。
完全予約制というわけではないが、予約の上訪問するのが無難だろう。

まず、エントランスが独特にカッコイイ。
お店の場所は勿論わかっているのだが。


それでも入口がわからない・・・そんな佇まい(↑)。

目を凝らし“取っ手”を見つけ、中へ入ると・・・そこにもまた扉が(◎_◎)


暖簾に「貝渕卓也」。

何というか・・・色々とカッコいい(^_-)-☆

料理は一本!

こだわりの懐石のみだ。
旬の素材で、月毎に構成を変えるようだ。

【弥生のお料理】
前菜
・蛍烏賊とうるい コチュジャン酢味噌
・水蛸桜煮
・唐墨もち
・グリーンピースとマイクロトマト
・おから春菊
・チーズ西京焼
御椀
・桜鯛の潮汁(小蕪,フグ白子)
造里
・桜鯛の昆布〆
・卵と肝
・春キャベツ,新玉葱,金柑
・南高梅のドレッシングで
蒸物
・蛤の茶椀むし
・湯葉,銀杏,生姜
冷鉢
・あわび
・蚕豆
・菜の花
・のびる
・松の実
・生海苔
・雲丹
強肴
・熊本牛の炭火焼
・竹の子
・南瓜
・ブロッコリー
・蕗みそソースで
食事
・白魚と蕨の釜飯
・赤出汁と香の物
デザート
・葛いちご
・練乳アイス
・桜の小枝を添えて

期待が膨らむo(^o^)o

きっと、その期待が裏切られることは、ないだろう。
入店し、思わず「わぁ~( ´∀` )」となるような設え。
こういう感性を持つ店主に、粗相などあり得ない。
・・・多分。

今日は、グラスワイン(白)ではじめよう。
前菜やっぱり前菜は、こうあって欲しい。
料理は味がすべてだと言う者がいる・・・?
そんなことあるものか。

どうだろう?
見ただけでそのビジュアルに心踊る(*≧∀≦*)


軽く温めた餅といただく唐墨の絶妙な塩味。
おから春菊の清々しい香り。
チーズ西京焼きは香ばしく、濃厚だ。

マイクロトマト。

なんと可愛らしい(^_^)
この辺りの食材のチョイスにも、店主の料理に対する姿勢が見えてくる。
その発想の豊かさと創造性に、確かな技術が加わる。
コレ(↑)・・・出汁も旨い(^^♪

御椀

先程のマイクロトマトに使われていた出汁で、すでに旨いことは確定している。


桜鯛の潮汁には、小蕪と河豚の白子。
ふわトロで濃厚な白子は、炙り目香ばしく堪らない。
蕪の柔らかさも・・・最強だ。

おかわりは知多をハイボールで。

ハイボールには最適のグレーン「知多」。
まぁ、これは完全にワタシの勝手な好みだけれど。
そして、このグラスが・・・また、イイ(≧◇≦)
職人さんのハンドメイドで、極薄のグラスで飲むハイボールは、いつもより口当たりが良いような?
氷の奏でる音もイイ(^^♪

お造里
こういうお造りは、初めてだった。
桜鯛の昆布〆・・・これは解る。
その左に添えられている卵と肝・・・これもまぁ。
そこに、春キャベツと新玉葱
そして・・・金柑だ!
南高梅のドレッシングでいただくお造り。

ホントに楽しい!

次のハイボールはイチローズモルト

蒸物

蛤の茶椀むし
具は、蛤もさることながら、湯葉と銀杏が名脇役として、イイ働きをする。
かみしめて、たまに香り立つ生姜も素晴らしい。

冷鉢

上質の出汁をジュレで。


鮑、蚕豆、菜の花、のびる、松の実、生海苔、雲丹。
いやぁ・・・宝石箱や~(*´▽`*)

そして再び知多ハイ
「もうそれで終わりにしなさい!」と妻からの命令下る(T_T)

強肴

炭火で焼いた熊本牛。
竹の子、南瓜、ブロッコリーと共に蕗みそソースで。


このオシャレな厨房には、炭火焼用のかまども特注で設えてある。

食事
白魚と蕨の釜飯 、赤出汁と香の物。
※食べきれなかった分をおむすび(↓)に(^_^)

これは、帰宅後の自宅で撮影。

デザート


葛いちご練乳アイス
桜の小枝を添えてあるあたり・・・(*^^)v
葛苺の上にあるのは、ベビーキウイというらしい。

食材のチョイス、美しい盛りつけ、ステキなお店の設え・・・全てにおいて、少しずつ期待の上をいく。
とは言っても、やり過ぎず、さり気ない。
この自然体が、実にステキだ。

胸を張っておススメできる佳店だ(≧◇≦)

季節ごとに、あるいは月ごとに、伺いたい。

月が替われば、メニューも変わる。
それでも、この料理たちに宿るご主人の料理への姿勢を見れば、安心だ。

間違いないだろう。

ファサードが、はす向かいの『たかおか』さんと似ているので聞くと、姉妹店とのこと。

“鮨”と“日本料理”。
どちらも実に良いお店だ
さて、どちらを選んだものか?

この選択・・・たやすくはないゾ(。´・ω・)?

ちょっと気になることがある。
最初の前菜用スプーンは、柄が右を向いた状態で提供された。

これは勿論普通なのだけど、それ以降の茶碗蒸しや冷鉢では、柄が左を向いていた。
(妻のは右向きのままだ。)



きっと、これ・・・偶然ではないのだろうなぁ?

ワタシは変則的な左利きで、箸は右手だがスプーンは左手で持つ
はじめの前菜で、気づいて・・・なのか?
きっと、そういうことなのだろう。
ちょっと鳥肌ものだ<m(__)m>

そういう店主の、そういう店なのだ(≧◇≦)

CATEGORY
勝手におすすめ食堂←トップへはコチラから。

サイトマップ

Follow me!