株主優待。“イオン(8267)”part3

前の記事 “レナウン(3606)” 

結構・・・満足度高い「」の株主優待制度。

この記事のテーマは「イオンゴールドカード」
直接的には「株主優待」とちょっと違うけれど、イオンの株主優待制度である「キャッシュバックの恩恵を受けるためには、「」を持つことが望ましい。

イオンでのショッピングで、オーナーズカード(↑)を提示すると、持ち株数に応じたキャッシュバックを受けられるが、クレジット決済の場合だと、キャッシュバック対象となるのは「イオンのカード」だけなのだ(;^_^A

で・・・、イオン株の購入とほぼ同時に「イオンカードセレクト」を申し込んだ訳なのだが、この度、そのクレジットカードが金色に進化したので、そのあたりのことを・・・。

イオン(8267)の株主優待。

イオンの株主になると、様々な優待を受けられる。

・イオンの利用額に応じたキャッシュバック

・イオンラウンジの利用

・イオンシネマの特別割引価格

・イオンシネマでのポップコーン等サービス

・長期保有株主特典 などなど

詳しくは、コチラ(↓)を。
株主優待。“イオン(8267)”part1
株主優待。“イオン(8267)”part2

そんな数ある優待の一つ「キャッシュバック」。
これは、イオンでのショッピングの際に「オーナーズカード」を提示することで、半年に一度、利用総額に対してキャッシュバックされる。
詳しくは、上(↑)の記事を。

イオンカードセレクトの特典。

で・・・、その「オーナーズカード」を利用した「キャッシュバック」。レジで(あるいはセルフレジで)、オーナーズカードを提示すれば、それだけでショッピング金額が累積されて行く。
実に簡単なのだが・・・一つだけ・・・。

イオンのHPより(↓)。

レジにてオーナーズカードをお会計前にご提示いただき、現金又は、WAON(イオンの電子マネー)、イオンマークのカードによるクレジット払い、イオン商品券、イオンギフトカードでお支払いください。消費税を含むお支払金額合計がご返金の対象になります。

・・・・・。
そう。
クレジット払いの場合は、イオンのカード以外はキャッシュバックの対象とは、ならないのだ(T_T)

それでイオンカードセレクトの申し込みをした。

イオンカードセレクトは、イオン銀行のキャッシュカードクレジットカード電子マネーWAONが1枚になったカードです。
(イオンHPより)

要するに、クレカ電子マネーが一体となった「イオンカード」に、「イオン銀行のキャッシュカード」機能も付けたのが「イオンカードセレクトだ。なので、必然的にクレジット決済の引き落としは「イオン銀行」となる。

株主優待の条件としては、セレクトではない普通のイオンカードでもよいのだが、セレクトだと電子マネーWAONのポイント還元率が増したり、条件を満たせば、イオン銀行の普通預金の金利が、なんと・・・0.15%になったりする。
0.15%って・・・、それまでメインで使っていた某メガバンクの150倍の金利だ。

【イオンカードセレクト特典】
・普通預金金利が最大年0.12%!
・他行ATM入出金手数料が最大月5回無料に!
・他行宛振込利用手数料が最大月5回無料に!
・対象店舗でときめきポイントが2倍!
・対象店舗で10日はときめきポイント5倍!
・土日に対象店舗のハッピーゲート端末にタッチでWAONポイントゲット!
・WAONポイントがダブルでたまる!
・毎月20日・30日はお買い物代金5%OFF!
・イオンシネマでおトクに映画鑑賞!
 コレは株主優待の方がメリット大きいけれど。
利用実績に応じてゴールドカードを無料発行!

こんなことや、そんなことを色々と考えての「イオンカードセレクト」。

それがこの度めでたく(?)金色に進化した。

イオンゴールドカードの魅力。

ご覧のように、イオンを利用するならメリットの多い「イオンカード」なのだが、これが「ゴールドカード」になると、さらに特典が大きくなる。

 【イオンゴールドカードの特典】
通常のイオンカード特典に加えて・・・。
・ショッピングセーフティ保険の補償が充実!
 補償が最大300万円・・・とパワフルに。
・旅行傷害保険が無料付帯
 海外旅行傷害保険(最高3,000万円)、国内旅行傷害保険(最高3,000万円)
・全国のイオンラウンジ、羽田空港国内線のラウンジサービス
 イオンラウンジは、株主優待でも使えますけどね。

様々な特典が充実して・・・。

そして、何より・・・。

この「イオンのゴールドカード」。

年会費が無料なのだ!

そこそこ充実の特典と、「ゴールド」というちょっとしたステータス。
これが、年会費を支払って・・・というなら、正直ワタシはそれほど魅力を感じない。・・・が、この“年会費無料”は大きいなぁ(≧◇≦)

この“ありがたい”年会費無料のゴールドカード・・・いわゆる「突撃」で申し込むことができない。
インビテーションを待つのみなのだが、そこにも“ちょっとした特別感”を感じられて良い。

ゴールドカードを入手するには。

ゴールド対応のカードは5種!

さて、この「ゴールドカード」入手には・・・。

まず、申し込むカードの種類に、注意が必要だ。

様々な提携カードを含めると、一体どれだけの種類があるのか・・・すべてを把握することは、なかなか難しい気がする。そんな、豊富なバリエーションを持つ「イオンカード」。

何を選択するかは、各自のライフスタイルに合わせて・・・というのが、正解だろう。
ポイントの還元率、首都高の割引き、マイルをためる、ボブ(ミニオン)が可愛い・・・などなどなど。

だけれど、年会費無料の「」をゲットしたいのなら、イオンカードなら何でも・・・というわけには行かない。

ゴールドへのインビテーションが届く(可能性がある)カードは5種類だけなのだ。

【ゴールドへの道があるカード】
・イオンカード
・イオンカード(WAON一体型)
・イオンカード(ミッキーマウス)
・イオンカードセレクト
・イオンカードセレクト(ミッキーマウス)

上記5種類以外のカードでは、ゴールドへのインビテーションは来ないので・・・・気を付けて!

もうひとつ・・・(^^)b

デザインはイオンの「一般デザイン」と「ミッキーマウス デザイン」の2種類あるけれど、ゴールドカードへの切り替え時に、デザインの変更はできないので、最初のカード申込時によく考える必要がある。

◻️イオンカード(通常デザイン)をお持ちの方がゴールドカード発行条件を満たした場合、イオンゴールドカード(通常デザイン)を発行いたします。
◻️イオンカード(ミッキーマウス デザイン)をお持ちの方がゴールド発行条件を満たした場合、イオンゴールドカード(ミッキーマウス デザイン)を発行いたします。
◻️イオンカード(通常デザイン)からイオンカード(ミッキーマウス デザイン)へはご希望いただいても発行することはできません。(ミッキーマウス デザインから通常デザインへの発行も同様となります。)
◻️ゴールドカードを2枚お持ちいただくことはできませんので予めご了承ください。
◻️ミッキーマウス デザインはJCBブランドでの発行となります。(イオンHPより)

因みにワタシは、「金色のミッキー」が欲しかったので、ミッキーマウス デザインを選択(≧◇≦)
年甲斐もなく・・・(^-^;

ゴールドカードの取得条件は?

必要なカードは用意した。

さぁ、どうしたら「招待」が・・・来る?

まず確実なのは、コレ(↓)だろう。

直近年間カードショッピング100万円以上の方に発行しております。

これは間違いないだろう。 イオンのHPに明記されているのだから。
ただ・・・これには注意書きが付く。

◻️ゴールドカードは、他の一定の基準を満たしたお客さまにも発行しております。
◻️審査によりお申込みの意にそえない場合がございます。
◻️直近年間カードショッピング額は、毎月10日を基準日としてさかのぼった12ヶ月の合計ご利用金額を集計いたします。
対象のお客さまには翌月中旬頃にご案内をお送りいたします。
◻️直近のご利用金額のお問合せはお答えいたしかねますので予めご了承ください。MyPageより過去24ヶ月分のご請求明細書をダウンロードいただけます。

「他の一定の基準」もあるらしい。

調べてみると・・・いろいろな“噂”が。

1.年間カード利用金額が100万円以上
2.カード入会からのカード利用金額累計が500万円以上
3.年間のカード利用件数が120件以上、かつ利用金額80万円以上
4.イオングループのみの利用が直近1年間で60万円以上
5.イオン銀行の住宅ローンを利用
6.定期預金残高が500万円以上
7.投資信託残高が100万円以上
8.個人年金保険を契約

ワタシの場合は・・・「1」か「3」だ。
インビテーションの届いたタイミングが微妙で・・・。
3番が只の噂かどうか、確認出来たら良かったのだけれど(>_<)

ひとつ・・・確かなことがある!

今現在、力強くイオンのゴールドカードを!と息まく友人に、伝えてあげなくては(^^;

インビテーションが届くカードは、5種類だけだ。

先日、君が作った「そのカード」では・・・無理なのだ(T_T)

・・・・・。

株主優待との併用でさらにお得なイオンカードはコチラから(↓)

前の記事“レナウン(3606)” 

次の記事“クロスフォー(7810)” 

サイトマップ

Follow me!