沖縄 part2 美ら海水族館から首里城へ(^_-)-☆

沖縄 part2 美ら海水族館から首里城へ(^_-)-☆

前の記事 “沖縄旅 part 1”

次の記事 “那須を満喫” 

にっぽんを巡る@沖縄本島 part2

オキちゃん劇場。

沖縄2日目は、美ら海水族館へ。
エグゼスからレンタカーを駆って1時間程度だろうか。

ワタシには、どうにも気になっていたことがある。
美ら海水族館は、国営海洋博公園内の一施設である。
これは・・・別に問題ない。
それは良いのだが、ワタシの事前調べによると同公園内の「オキちゃん劇場(イルカショー)」とか「マナティー館」とかが、入場無料であるというような感じなのだが・・・。
そんなこと・・・あるのか?

・・・・・。

と、まず駆けつけてみたおきちゃん劇場
う~む、どうやらホントに無料だぞ\(◎o◎)/!


猛烈に・・・愛らしい♡

入場料無料なんて・・・凄すぎる!

ダイジェストで・・・。

マナティー館。

ここも・・・無料だ。
マナティーとジュゴンの違いとか、ちょっとだけお勉強したりもして、そしてお目当てだった・・・。
キャベツをモグモグするマナティー」。

海洋博公園・・・ココは凄いところだ\(◎o◎)/!
近所に住み着いて、毎日遊びに来たいや(≧◇≦)

美ら海水族館。

さて、いよいよだぞ。

やっぱり・・・『黒潮の海』
ジンベエザメと、そしてナンヨウマンタの大迫力!

・・・・・。

正直、他の水槽・・・覚えてませんから(~_~メ)

ジンさんのもぐもぐタイム(?)

ふぅ。
いろいろと満足だ(*´▽`*)

お土産を買ったら、出発しよう。
行きたいところがある( ー`дー´)キリッ
食べたいスイーツ(?)がある(≧◇≦)

新垣ぜんざい屋。

沖縄で“ぜんざい”というと・・・。

老舗の“氷ぜんざい”を喰らいに訪れた。
近くの無料駐車場にレンタカーを滑り込ませて、お店へ入る。
まず、券売機でチケットを購入するが、メニューは“氷ぜんざい”ただ一つ。

一杯250円。
20杯までのまとめ買いが可能だ。
・・・・・が、20杯のチケット。

・・・必要か?・・・必要なのか?

・・・微妙におもしろい( ≧∀≦)ノ

少しだけ待ち・・・提供。

沖縄で“ぜんざい”というと・・・こうなるらしい。
ワタシは当然わかった上で、注文してるのだけど。

食べてみると、雪山のような“氷ぜんざい”の見た目から思うより、実は結構多くの“ぜんざい”が沈んでいる。
雪山を崩しつつ、食べ進める。

ぜんざいに使っているのは“小豆”ではないようだ。

帰りがけにお母さんに聞いてみると『金時豆。』だという。

遠い昔に食べた“甘納豆”みたいな風味と、優しい甘さ。

素朴な味わいに、ほっと一息(*´▽`*)

首里城へ。

首里城へ向かう。
実際には、美ら海水族館の日から、日付が変わっているけれど、その間何をしたかって・・・エグゼスでひたすら寛いでいるだけだから・・・。

今日は、もう帰らねばならない。
残る予定は、「首里城」と「国際通り」のみになってしまった(>_<)

首里城、雰囲気あるなぁ(*^^*)
歴史を感じる佇まいに、少しだけ身が引き締まる。

今回は、きちんと(?)事前に勉強してきたのも、良かったかも知れない。

↓陳舜臣『琉球の風』

NHK大河ドラマにもなったようだ。

守礼門をくぐって・・・。

琉球王国時代へ、時を越えてやって来たような気持になる。

朱塗りの正殿。

首里城の外もなかなか趣きがあって・・・。

水鳥もなんだか・・・。

(いや、それは・・・気持ちの問題だけれど。)

国際通り。

旅の終わりが近づいてきてしまった。
最後は、国際通りで何か美味しいものを食べよう。

国際通りの賑わいは・・・(≧◇≦)

中にはこんなのもあって・・・。

ちょっと・・・怖い((+_+))

お店はふんだんにあるけれど・・・。
この旅の最後の“めし”・・・と思うと、なかなか難しいところだ。

迷いに迷い・・・歩きに歩き疲れて・・・。

行きついた\(◎o◎)/!

田舎 公設市場南店。

国際通りからちょっと入って、公設市場の方面を探検する。

ごちゃごちゃとした通りは結構な賑わいだ。
薄暗くて細い路地に入ってみると、そこにもまた新たなお店(露店?屋台?)が並んでいる。
ここが日本でなかったら、私は絶対に近寄らない……そんなちょっと怖い雰囲気を持つ、路地裏にあるお店『田舎』。

少し勇気を出して、扉をくぐる。

ソーキそば(¥390-)。妻は沖縄そば(¥450-)。

驚きのコスパだ(^_-)-☆



軟骨ソーキがのったそばは、しっかりと量もある。
スープは豚と鰹か?……結構うまい。
いや、この価格からいえば、素晴らしい……というレベルだろう。
ソーキもいいなぁ(*≧∀≦*)

スープまで飲み干し、満腹だ。
大盛にしなくて正解だった。
「“小”でも結構な量、あるんですね。」と言うと、「“”は麺も肉も2倍だよ。」と。

そう答えたお母さんの「どうだい!」と言わんばかりの様子に“安くてうまい”へのこだわりや心意気を感じた。

愛すべきお店。愛すべきお母さん。

旅の最後に相応しい、良いお店だった(≧◇≦)

前の記事 “沖縄旅 part 1”

次の記事 “那須を満喫” 

サイトマップ

Follow me!

“にっぽん”を巡るカテゴリの最新記事