“鮨 たかおか”

“鮨 たかおか”

心閑かに鮨を堪能する(≧◇≦)

(勝手におすすめ食堂/千葉県千葉市)

【鮨 たかおか】ジャンル:寿司

TEL:043-306-6269/080-9712-5544
千葉県千葉市中央区登戸1-7-6アイシンビル1F

■■秀逸■■★★★★

地元千葉で評判の寿司店。
ようやく伺う機会がやってきた(^O^)/

この界隈、ワタシにとっては“庭”のようなものだから、もちろん知っているのだけれど、昼の様子はこんな感じだ。

それが・・・、陽が傾いて開店の時刻になると、明りが灯ってこうなる。
 
“隠れ家的”・・・というのは、こういうことだろう。
「表札・・・無いんかい!」とツッコミたくなるところだが、表札は・・・ある。

光量が足りず、ワタシのスマホでは上手く撮影できないのだけど(>_<)

・・・・・。

これでも“人気”なのは、やっぱり実力なのだろう。
期待が膨らむ(*^-^*)

カウンター6席のみの店内は、ホッと落ち着く。

寿司下駄には「スガハラ」のガラス器が使われている。
千葉の飲食店だと、「スガハラ」はよく使われているが、寿司店で見るのは初めてだ。
スガハラには、ガラス製の寿司下駄もあったと思うのだけれど、ビジュアルの甲乙をつけるなら、やはりコチラの方がスタイリッシュでカッコいい。

少しだけ引っ掛かるのは、この純粋なガラスの質感では、シャリの跡なんかがもの凄く目立ってしまうぞ(>_<)
さすがに、一貫ごとにゲタを拭いてはくれまい⤵
終盤の汚れたゲタを思うと・・・なんとも興ざめだ(-_-メ)
 

・・・・・。

で・・・、結論を言えば、一貫ごとに毎回ゲタをキレイにしてくれるんですね(^^♪
やっぱり、一流の職人さんは、きちんと繊細な感性を持っていらっしゃるようです。
ワタシの思い込みで・・・疑ってしまって・・・失礼しました<m(__)m>


“ガリ”は角切りで。

スタートは煮蛸
この蛸は、とても柔らかい。山葵をちょこんと乗せていただくと、上品で旨っ!!

ちょっと解らなかったのは、最初にゲタに盛られた“ワカメ”と“蓮根”。
ポン酢で食べるよう言われるが、これは・・・箸休め?
まず下駄に盛られた時点では、箸休めとしては変わってるなぁ?・・・と思ったが、これとは別に“ガリ”も提供された。
・・・。
サラダ的に一気呵成に食べるのか?
まぁ、結局・・・自分のペースでちょこちょこ食べたのだけど(・・?

 
鰹のタタキ
これもお見事だ。
脂が乗って・・・とか、そういうことでもないのだけれど、なんというか香りがとても良い。

雲丹二種
一つは唐津。もう一つは・・・どこだったか?
食べ比べると、確かに違うものだなぁ!(^^)!

甘鯛は、ホロっとほどける柔らかさで、お箸で持つのもムズカシイ。・・・コレは、ワタシの箸使いが、余りに拙いからだけれど_| ̄|○

蛤出汁の茶わん蒸し

鯵の棒寿司

棒寿司は炭火で、上から炙る。
炙った香ばしい香りと、中の大葉の清涼感。そして細かな蓮根(?)の食感が見事に合っている。
それを巻く海苔も素晴らしい。
これまで、敢えて棒寿司を・・・と考えたことはなかったが、これは旨かった(*^-^*)

金目鯛

小肌
ごくごく抑えた優しい酸味。

縞鯵
やっぱり、縞鯵は・・・旨いなぁ(≧◇≦)

マグロは“大間”。

赤身をヅケで。
個人的に、コレは些か塩味が強かったかなぁ。

中トロ

大トロ

新烏賊
夏も終わりですね。・・・旨い!

ハマグリ

内房の

車海老

北海道の雲丹
やっぱり、旨いな。堪らない(≧◇≦)

イクラ

ラスト煮穴子
ふわっととろける旨さ。

雲丹やマグロはさておき、極力地元千葉にこだわっているのだろう。
スガハラのガラス器や、ビールもハーヴェストムーンを置いていたりする。

そして何より、店主の人柄がすてきだ。
素晴らしい食事のひと時を提供してくれるお店では、例外なく店主の気配りが行き届いている。

顧客ファーストの真摯な姿勢。
繊細な感性。
頂に登りつめる一流的な素養とは、つまりはそういうものなのだろう。

サイトマップへ

Follow me!

勝手におすすめ食堂カテゴリの最新記事