“プレゼンテ スギ” 楽しい拘りイタリアン。

“プレゼンテ スギ” 楽しい拘りイタリアン。

一皿一皿が楽しい…次の皿にワクワクできる佐倉のイタリアン(^^♪

(勝手におすすめ食堂/千葉県佐倉市)

【プレゼンテ スギ】ジャンル:イタリアン

TEL:043-371-1069
千葉県佐倉市白銀2-3-6

⬛⬛秀逸⬛⬛★★★★

最高に楽しい時間を過ごした(*≧∀≦*)
オーナーシェフのこだわりが、たくさん詰まったお店“プレゼンテスギ”。

休日のランチは5500円の1コースのみ。11時30分の全組同時スタート。
この情報だけを見ると“お高くとまった店”と映るかもしれないが、一度訪れれば忽ち誤解は解ける筈だ。
ご夫婦二人ですべてを賄うお店のようだが、この日の皿数は、18皿(○_○)!!

これは、食後のお茶やお土産の焼き菓子まで入れた数だが、それでも2時間程度の中でコレを出し切るのは、一斉スタートでなければ不可能だ。いや、同時のスタートでも容易なことではないだろう。
そして、この皿数……色鮮やかな料理が、どんどん目の前に展開されていく様子は、この“楽しいランチ”の重要な要素の一つになっている。

~大地の鼓動と海の音色~

  • シェフからの最初の贈り物 トマト飴 定点
  • 新じゃがのガストロバック
  • 鰆と春の色
  • 鰤と一瞬の炎
  • 白色に包まれたフォアグラ
  • 本日の焼き立てパン バターとチーズのパン
  • トリュフ+雲丹+鯛+古代米+卵=Bono
  • 再生 鯛のアラから取ったスープ
  • Kamachiと金目鯛
  • Sugi畑をお皿に乗せて
  • 本日のパスタ 地産に拘った春の薫りのパスタ
  • 香りのアイスキャンディー 林檎とミント
  • High & Low ステーキ
  • 初夏の味覚 パッションフルーツ とマンゴー
  • 食後のお飲み物
  • チャチャ 文旦と烏龍茶のジュレに抹茶クリーム
  • お喋りのひと時に、、、 アマレッティ
  • 余韻 お土産の焼き菓子

始めに書いたが、とにかく……楽しい(*≧∀≦*)


定点である“トマト飴”。料理のみならず、空間や食器類などすべてを含めた“食事”というものへのシェフの考えが、実によく現れている。色褪せつつも、キラキラと輝きを失わぬ幼き日の記憶。各々の中にある原風景を呼び覚ましてくれるオープニングだ。


料理は勿論美味しい(*≧∀≦*)
美味しいが、単に味だけを言うなら、より私の好みに合う店が正直幾つかは浮かぶ。……でも、食事の楽しさという点では、ココが圧倒的なナンバーワンだ。

ガストロバック……知識としてはあったけれど、実際に食べたのは始めてだ(○_○)!
龍泉刃物のステーキナイフ……知ってはいたけど、初めて実物握ったしσ(^_^;)
カマチ陶舗の有田焼もスガハラのガラス器も、本当に素敵だ(*´▽`*)

これからも、確実に“進化”を続けるであろうお店だ。

季節ごとに……通わなくては………絶対に( ロ_ロ)ゞ

Follow me!

勝手におすすめ食堂カテゴリの最新記事