Column “湖”と“自分の可能性”について想う。

Column “湖”と“自分の可能性”について想う。

湖の存在を信じて…。

どこか…知らないどこかに、豊かな水を湛えた『湖』がある。

わたしたちは、その存在を信じることができずに、水がなくなることを恐れ、手に武器をとり争ってしまう。

でも本当は…。

わたしたちに一歩踏み出す勇気さえあれば、湖はすぐそこに広がっているのかもしれない。

見えないものを信ずることは、不安で心細いものだろう。

しかし困ったことに、人生においては見えないものの方が圧倒的に多い。
まだ見ぬ湖を目指すのか、ここにとどまり続けるのか。迷うのはごくごく当たり前である。

ある有名な作家がこう言った。

あるかないか解らぬ自分の才能を信じて書き続けるしかない。

ある大企業の社長がこう言った。

やって失敗するのか、やらずに衰退して行くのか。選ぶなら必ず前者だ。

共通するスピリットがあるように思う。
迷わない人はいない。おそらく誰しも不安にかられることはあるだろう。
要はそこでどう決断するのか。

湖の存在を信ずることは、自分の可能性を信じることだ
ひたむきにコツコツ積み上げてきた者だけが、勇気を振り絞り、不安に打ち克って、前進できるのではないだろうか。
(トク丸コラム)

前の記事   次の記事

Follow me!

想いカテゴリの最新記事